« 網干へ行く(網干検車区、後編) | トップページ | 網干へ行く(大阪環状線編) »

2011年11月18日 (金)

記事数223☆

こんにちは、最近ホンマに暗くなったと思う管理人です。

8月がついこの前って思う時点で終わってますが、8月の大垣行きを狙ってた頃と今だとめちゃ変わってますね。
あれが確か京都6時37分くらいだったから6時30分くらいに撮ったことになるんですね。
Img_1006
これがその時の写真です。
ハイビームで目隠しカーテンはしてますがまだまだ明るいです。

それに比べて今は……笑
5時前で真っ暗ですね。

今回は特集です。←記事数がたまたま223だったから…ww
223系について写真付きで少し紹介しようと思います。
とりあえず皆さん!223系と言われて何を思いますか?
まぁ老若男女「新快速か関空、紀州路快速」かな??だいたい予想です。
Img_3615
写真はその新快速用の223系としての最初の編成、W1です!!
電連の1001が証拠を物語ってますね(笑)
P8020184
実はいまだにまともな写真が撮れてないんですよ…orz早く撮りたいです!
↑乗ったことはあったりしますが^^;
網干区、日根野区所属をはじめ、アーバンネットワークの顔的存在になっている223系。
・マリンライナーの付属編成になってる5000番台P編成
・福知山などの顔、5500番台のF編成
・223系初の2パンな6000番台、MA編成
・新快速などに充当する1000、2000番台のV、J、W編成
・関空、紀州路快速など阪和線などで活躍するE編成…。。

たくさん居ますね。
Img_2104
まずは0番台。関西の鉄道ファンならこの顔を知らない人はいないはずw
E415編成です。

Img_3328
主に新快速などの神戸、京都線を快走する1000番台
管理人が播州赤穂行きを見れば大抵このお顔が登場します 笑

Img_4023
やっぱし223系と言えばコイツですよね~☆
この2000番台は計105編成製造されてます。

Img_2125
今度は阪和線用の2500番台。
先頭0番台で中間2500番台ってのもあるらしいですが専門外…

次は5000番台ですが岡山行ったこと無いのでもち未撮影。

Img_3356
お次はもっぱら221系と繋いでるか単独の5500番台。
F1~F4は前パンです。

Img_3571
お次は6000番台。まずはホシ区から~!
221系のC編成の大量転属に伴い暫定221系性能固定として登場したのがこの6000番台。V20~V28までです。
まぁ見た目はオレンジの線以外は大して変わらない…

Img_1759
意外にまともな走行写真はこれだけでした…(驚愕)
直通快速用に導入された為2パンタでしたが1年後に北新地のホームドア設置で撤退した為2パンの意味が全くありませんw
んですぐに2000番台に戻せるように欠番を作ってます。
↑2パンの新快速とは…おもしろそうなw

一応6000番台で形式上は終了してます。まぁV66が最終編成で2008年に導入されたんですが…

ココからは2000番台について説明しましょうか…

1次車
Img_1861
V6、V7、W10の先行試作編成はライトが本体と違う物なのでライト枠があります。

Img_3295
UV58%カットのスモークガラスが印象的な1次車。
W10~W27、V6~V28までが所属してます。前面は事故や更新毎にグリーンガラスに変更されてます。
また運行表示機がLEDです。

2次車
Img_3230
ちょっと珍しい正真正銘の2次車。
みなさんが言ってるのはもしかしたら3次車以降かも!?
グリーンガラスと運行表示機がマグサインに変わった以外は特に変化は…

3次車
Img_3250
W、V編成のほとんどはこの3次車。実はカトーのプロトも3次車ですww
変化としてはパンタ台の形と321系タイプの速度計に変わっただけ…

4次車
Img_4205
2000番台一の少数派。
しかも3次車との変更点は車内灯のカバーが321系タイプに変わったくらい(汗)

5次車
Img_0122
マイナーチェンジ車です。
窓構想を変更したり茶色帯を縮小したりしました。
床が時々剥げて燃えた跡みたいによくなるグループです。

6次車
宮原区の6000番台です。

7次車
Img_1857
2008年に増備された223系最終グループ。
車体の骨組みを改善し、魔改造がしやすくしてます。

こんな感じです。
では~

|

« 網干へ行く(網干検車区、後編) | トップページ | 網干へ行く(大阪環状線編) »

特集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記事数223☆:

« 網干へ行く(網干検車区、後編) | トップページ | 網干へ行く(大阪環状線編) »